ボルゾイのトイレのしつけ方にはあるポイントがあります。

TOP > 関連ページ > トイレについて

ボルゾイのしつけサイト

トイレのしつけ方

ボルゾイのトイレトレーニングの目的は、トイレの場所を決めて、そこにきちんとさせることです。

そうさせなければ、ボルゾイはトイレの場所も分からずに、常にどこかに粗相をしてしまうことになります。

ボルゾイが気に入った場所が分かり、そこに設置できるのであれば一番いいのですが、決まったようにやっかいなところにするのが犬である、とも言えます。

例えばマーキングでは家具におしっこをかけてしまいますし、何か落ち着いたものがあるところに限ってしてしまう、と悩んでいる飼い主さんは多くいます。

まずトイレの場所決めですが、小型犬であればサークルの中に寝床と少し離れたところに設置することが一般的です。

またボルゾイのような大型犬の場合は、庭や小屋の近くなどに設置する例も多いですが、雨の日にはどうするか、風が強い日はおしっこが飛び散ってしまわないかなどにも気を配らなければなりません。

またトイレのしつけは、子犬の頃からしつけるのが基本ですが、排泄をする時は決まって地面の匂いをかいだり、その場をクルクルを回ったりしますので、そのようなサインを見かけたら、飼い主さんが急いでトイレに連れていってあげることです。

寝起きや食後、運動後などにこれらのしぐさが頻繁に見られると思います。粗相をしそうだと思ったら、トイレに入れてそこから出さないようにし、しっかりできたら褒めてあげます。

また失敗しても絶対に叱らないようにして、そそくさとシートを片付けてしまうのがコツです。また決して失敗してもなだめたりもしないようにしましょう。

トイレは迎えいれてからまず最初にしつけることです。他にも同時に気になることは出てくると思いますが、粗相をしてしまうと片付けなどに時間がかかって他のことはほとんどしつけられなくなる可能性も大です。

またトイレのしつけでも、しっかりリーダーシップを発揮させることができれば、他のしつけもしやすくなるものです。

もしあなたが、トイレのしつけで悩んでいるようでしたら、遠藤和博先生のしつけ方法を実践することをお薦め致します。

遠藤先生のしつけ方法を学び実践すれば、どんなワンちゃんでも短期間でトイレを覚えさせることができます。教材の詳細は下記よりご覧になれますので、トイレのしつけで悩んでいる飼い主さんは、一度詳しい内容をご覧になることをお薦め致します。