ボルゾイの無駄吠えのしつけで悩んでいる方はこちらのページをご覧ください。

TOP > 関連ページ > 無駄吠えについて

ボルゾイのしつけサイト

無駄吠えのしつけ方

まずは下記の動画をご覧下さい。遠藤先生が吠え叫ぶわんちゃんを、
“たったの2秒”でおりこうさんにしています。

ボルゾイは体格もよく、大型犬の割に足も速い犬ですが、攻撃性については少ないタイプですので、無駄吠えは比較的少ないと言えます。

しかしながらしつけの仕方によっては、この性質もなかなか本当らしからぬものになりがちで、例えば子犬で迎え入れた時から飼い主さんとベタベタしてばかりいれば、離れた時に無駄吠えは出ますし、留守番などでは特に危険と言えます。

そうならないためには、子犬の時期からしっかりと主従関係を築き、自分がリーダーだとしっかり教えることが大事です。主従関係を築くのに一番大事なのは、とにかく犬の要求を受け入れないことです。

吠えれば何でも言うことを聞いてくれると思ってしまうと、手をつけられない程にわがまなな犬になってしまうこともありますので、その点はしつける上で要注意です。

また散歩の時はリーダーウォークをしっかりと取り、タッチングをして身体のどこをタッチしても嫌がらないようにし、アイコンタクトを覚えさせ、何か行動をする前に飼い主さんの了解を得るようにすることです。

また無駄吠えが多いからといって、首輪などの無駄吠え対策グッズを利用する方も多いようです。このようなグッズはボルゾイがイタズラに吠えてしまったり、飼い主さんがいくらしつけても他人に吠えてしまうような場合は有効ですが、ボルゾイにも無駄吠えをするきちんとした理由があるような場合はやはり可哀相です。

例えば、体の痛みを訴えているのに吠えることを矯正すると、飼い主さんに対する要求も出せなくなってしまいますし、そのまま孤立してしまうと他にも粗相をしないとも限りません。

電流が流れる首輪などを使うとボルゾイには確実にストレスが溜まり、寿命も短くなることが決定的です。飼い主さんからプレッシャーを受けると、ナーバスになったり恐怖心を覚えたりしますし、無駄吠えもエスカレートしてしまう、と意識してしつけていくことが大切です。

またボルゾイがそんなに言うことを聞かないのであれば、ドッグトレーナーさんに一度相談することがお薦めです。無駄吠えをする理由をしっかり判断してもらって、それを矯正するコツが理解できれば、しつけもかなりスムーズに行くと思います。

もしあなたが、無駄吠えで困っているのであれば、遠藤和博ドッグトレーナーのしつけ方法を学ぶことがお薦めです。

上記に設置してある動画を再生してもらえれば分かりますが、遠藤先生はある方法を使い、吠え叫ぶワンちゃんをほんの数秒でおとなしくさせています。

何か無理なしつけをやっているわけではなく、犬の習性を活かしてある方法でしつけているのです。あなたも遠藤先生のやり方を真似れば、早ければ数分、かかっても数日で無駄吠えを一切ないお利口なワンちゃんにすることが可能です。

詳細は下記よりご覧頂くことができますので、ボルゾイの無駄吠えで悩んでいる飼い主の方は、一度内容を確認することをお薦め致します。