ボルゾイの留守番方法について詳しく解説しています。

TOP > 関連ページ > 留守番について

ボルゾイのしつけサイト

留守番について

ボルゾイは基本的におとなしい性格の犬ですので、留守番でもマイペースでいることができる犬ですが、あくまでもそれは一部である、という意見も少なくありません。

また留守番時の問題行動としては、室内を荒らしたり、吠えまくったり、噛みまくるなどが代表的です。

飼い主さんとしては、一人にさせるのが怖くなってしまうほど荒らしてしまうとやはりやっかいですし、まず原因を突き止めて出来るだけ早く治すことが大切です。

例えば、子犬の時から飼い主さんとベタッと寄り添ってばかりいるようなケースでは、留守番はかなり苦手になってしまいます。

飼い主さんが急にいなくなったり、離れてしまうと、決まって吠え出したり散らかしたりします。このようなことが起きないように、普段からサークルに1人で入れておいたり、同じ室内にいる時にもセパレートして過ごすようにすることが大切です。

また室内で放し飼いする方もいますが、基本的にはサークルやゲージに入れておくことが大切です。サークルやゲージに入れておかないと、犬は部屋全体を縄張りだと思い込み、好き勝手し放題になってしまいます。

また留守番中に間違ったものを食べたりしないように、サークルにおやつや水を入れておくことももちろん大切です。

ボルゾイにとっては留守番するよりも飼い主さんと一緒いるほうが楽しいに決まっていますし、散歩などでも率先して他の動物や人間と触れあいさせることが大切です。そうすれば、より安心して飼うことができますし、トレーニングなどの芸も覚えやすくなるものです。

毎日のちょっとしたことが自立心を育てますので、まずメリハリを持って接することですし、甘やかしすぎかなと思ったら、要求を一切無視して育てていくことが、自立心を持たせるコツと言えます。