ボルゾイの噛み癖のしつけ方を詳しくお伝えしています。

TOP > 関連ページ > 噛み癖について

ボルゾイのしつけサイト

噛み癖のしつけ方

ボルゾイを飼っている方の中には、何でもしつけをマスターしてくれて優秀な犬だと褒める方もいれば、逆に癖が強くて困っているという方もいます。

また癖の中でも多いのが噛み癖です。ボルゾイは自由で気立てもよいように見えますが、実際はナーバスで怖がりなところがあります。

飼い主さんが大きな声を出して叱ったりした時も怖がってしまいますし、その後、怖さを隠すように噛みついてしまうこともよくあります。

子犬のうちから噛み癖のしつけはすることが大切ですし、特に怖がらせたりナーバスにならないように注意べきです。しつけを怠ってしまうと、成犬になった時に飼い主さんだけではなく、他人にまで危害を加えてしまう恐れも大きくなります。

大事なのは本当に危害を加えようとして噛んでいるのではなく、何らかの理由があるから噛んでいることを知ることです。遊んでいる場合もついつい興奮すれば噛みますし、飼い主さんがかまってくれないと思った時も噛んだり吠えたりします。

ですが、そこで要求を受け入れてしまうと、吠えたり、噛んだりすれば要求が通ると覚えてしまい、言うことを聞かない犬になってしまいます。そうならないためにも、要求は絶対に受け入れないことが大切ですし、飼い主さんがリーダーシップをしっかりと取ることが大切です。

飼い主さんが単なる友人と認識されていれば噛み癖は時に出るものですが、ボルゾイが飼い主さんをリーダーとしっかりと認識しているのであれば、リーダーは縄張りを支配する存在ですので、噛み付くことは絶対にありません。

また、まだまだ赤ちゃんの時期からしつける場合はとにかく噛むことは痛みがあること、と教えることです。例えば歯が生え変わる時期になると口が痒くなって甘噛みしますが、この時は指や手を口に突っ込んでしまうと、痛みを覚えて噛まなくなります。

親犬であれば痛みを覚えさせるために噛み返しますが、その代わりに手を突っ込むことで同じ効き目があります。繰り返すようですが、しつけだからといって言葉も上手に理解できないボルゾイを一方的に叱ったり暴力を振るうことは絶対にいけません。

結果的に成犬になってもその時の印象というものが強く残ってしまい、同じような体験をした時に怯えから噛み癖が出てしまうことになります。

もし成犬になっても、噛み癖がなかなか治らないと悩んでいるのであれば、当サイトでお薦めしている遠藤和博先生のしつけ教材を一度実践してみることをお薦め致します。

遠藤先生はTV東京「TVチャンピオンしつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

遠藤先生のしつけ方法をあなたが学び実践すれば、短期間で噛み癖を止めさせることができるようになります。しつけ教材の詳細は下記よりご覧頂けますので、噛み癖のしつけで悩んでいる方は、一度内容を確かめることをお薦め致します。