サイトマップです。

TOP > その他 > サイトマップ

ボルゾイのしつけサイト

サイトマップ


ボルゾイの夜鳴きについて

ボルゾイの夜鳴きのしつけは迎え入れてからすぐにスタートします。夜鳴きにも色々な理由があり、また安心させたり環境の変化に慣れさせたりと対応方法も色々です。

例えば夜鳴きに多い理由が、母犬から離れてしまって落ちつかない、寂しい、また飼い主さんもいないし暗い、などですが、このような場合は、母犬の臭いのする毛布などを寝床に置いたり、ぬいぐるみなどでもいいですし、座っているとフカフカして沈み込むようなものを置いてあげるとベストです。

それでも夜鳴きが収まらない場合は、サークルの場所を移動してみるのもよい方法です。飼い主さんに近いところに設置したり、それで安心するようなら徐々に遠くに移動させてみます。

寝る場所があまり静かな場合もボルゾイは不安になるものです。例えばラジオをつけたり、テレビの音を流すだけでもかなり違うと思います。逆に音がうるさい、人通りが多い、などもありますので、部屋の隅にサークルを移動したりするのがよい方法です。

犬は狭くて暗い場所で寝るのが習性ですので、部屋が明るいこともよく気にします。サークルを布でカバーしてあげたり、窓外が明るいなら斜光カーテンを設置することがお勧めです。

季節が夏や冬の場合の夜鳴きは、暑さや寒さが原因になりやすく、湯たんぽやクーラー、アイスパックなどを使うことが有効です。また運動不足でもよく夜鳴きをします。つまり散歩不足になっていないかも疑ってみるとよいと思います。

寝る場所が狭いとか広いという場合も夜鳴きをすることがありますので、サークルを用意する時はボルゾイサイズのものを用意することがお薦めです。

遠藤和博のたった2秒で
おりこうになるしつけ法